会社概要
船舶電装無線のスペシャリスト
陸上電気工事
商品案内
地球に優しい環境対策
石川電装のデータダウンロード 石川電装のBLOG(ブログ) eMailのお問い合わせ

環境対策を考える石川電装

インフォメーション

NPO法人知音の活動
2018/06/04
山形市のNPO法人知音さんの今年の活動について先日、総会がありその資料から画像へ抜粋し紹介いたします。最初の総会議案書表紙からも分かるように「食」については地産地消、手作りの良さを行事の都度味わえる愉しみが活動についてきます。また真ん中の画像に移っているのは日本での再生可能エネのご本家飯田哲也さんを招いてのセミナーなども実施しています。また右の事業計画を見ると分かる通り、地に足のついた日々の活動を行いながらEUの環境先進地域への視察や近隣アジアの団体との交流なども継続している広い視野も備えております。自前のHPがないのでちょっと紹介してみました。会員、賛助会員さんを募集していますのでよろしくお願いします。


当社のOBから新人まで!
2018/05/29
昔?の工場長さんF氏が発電機の回転子の整備中の画像、昨年入社した新人O君が事故船の中で配線作業中、
服は油で汚れてますが顔が輝いているような?、最後は間もなく1年半になるベトナムからの実習生の二人です。タン君とフォアン君です。明るくまじめな好青年、国に大切なご両親、奥さんやお子さんを置いて3年間契約で来ていただいてます。当社の大切な戦力です。


粉せっけんの販売を再開します。
2017/06/03
震災からしばらくお休みしていた、粉せっけんの販売を
また始めます。製造は山形のNPO法人知音さんで、廃食油を原料として作っております。
気仙沼でも依然に婦人団体さんで作っているところが有りましたが、現在はどうなっているのでしょうか?
ともかく、知音さんのは上質ですので試に使ってみてはどうでしょうか。


環境エネルギーシンポジウム2016
2016/01/24
みなさん!、今日は昨日山形市で行われたシンポジウムのご紹介です。当社は10年くらい前から山形のNPO法人知音さの会員となって、毎年1月に開催される恒例のシンポジウムに参加しております。ペレットストーブやBDF燃料の普及活動などはこの知音さんとの交流から行ってきました。市民としての社会参加について私たちの先生的存在です。さて、内容は、菜の花やてんぷら油の第1,2世代のバイオ燃料から現在は第3世代としての藻から車、ジェット機の燃料を製造する時代になってきたと言う話です。すでに欧米では燃料系などのグローバル企業とベンチャーがタイアップして開発競争となっており、日本ではIIHI、デンソーが取り組んでおります。2020年ころまでに製造コストは現在の石油燃料レベルにするべく進めているそうです。興味のある方はご連絡ください。


無線航海計器業務を開始!
2016/01/09
新年おめでとうございます。
久しく更新せず申しわけございませんでした。
昨年から船舶電装の弱電部門が本格的に業務を開始しました。電装協会のGMDSSサービスステーションの資格も取得し、試験設備も1式揃えてることができました。
画像1は、さっそく実用しているノイズ発生の試験装置(スペクトルアナライザー)。LEDランプ等のノイス対策に威力を発揮してます。
画像2,3は新設した弱電作業所です。社内ミィーティングにも利用しています。


遠洋マグロ船の発電機のエステ
2007/07/16
最近多発傾向の発電機の重故障に対応すべく提案していた整備の実施船が増えてきました。
ここ2,3ケ月で第158欣栄丸むけ2台、第81,86海形丸、第5,7光洋丸、第58福洋丸の計12台です。整備内容は発電機メーカーによっても若干異なりますが、多発している劣化したコイルをリフレッシュさせ事故のリスクを低減させることです。他に対応年数に達している部品もあわせて交換しています。
ご相談いただければ、船毎に工程に合わせた提案を準備したいと思います。
画像は、工場内でのニス上げ、部品交換などの様子です。


- KENT -
Editor by Abijah Planning.